公認会計士の講座を受けて資格を取得しよう

将来的に公認会計士の資格を取得して公認会計士として働きたいと思っている方も多いのではないでしょうか。公認会計士になるためには資格を取得する必要がありますが、どのようなステップが必要になるのか知りたい方も多いと思うので紹介します。

まず初めのステップとして必要になるのが国家試験に合格をすることです。中には独学で資格を取得しようと思っている人もいますが、そもそも公認会計士の資格を取得できる人はわずかなので、できる限り効率よく資格を取得するためにも専門学校などで講座を受けた方がいいでしょう。国家試験は毎年1回しか行われませんが、それに合格することで公認会計士としての仕事を行うことが可能になります。

試験に合格したら終わりかというとそうではなく、次のステップとしては実務経験を積む必要があります。例えば監査法人や事業法人で2年以上の監査に関する実務経験を積むことによって、監査業務の実践的な知識や技能を習得することが可能になります。

また、実務経験以外にも実務補習も受ける必要があります。これは監査などに関する座学でほとんどの方が補習を受けています。公認会計士になるためには必要なことなので覚えておきましょう。その後終了考査を受け、これに合格をすると無事に公認会計士として働くことが可能になります。このような流れとなっておりますが、まずは国家試験に合格することが重要になるので、これから公認会計士として活躍したい方は国家試験に合格するためには何が必要かを考えるといいでしょう。