社会人講座を受けて国家試験に合格するためには専門学校の選び方も重要

これから社会人講座を利用して公認会計士を目指そうと思っている方も多いと思いますが、社会人講座の利用は専門学校になるので、選び方は重要です。社会人講座と言ってもそれぞれ専門学校によって違いもあるので、ここではどんな専門学校を利用すればいいのかについて話します。

まず1つ目に重要なのが学習環境です。例えば自習室があるか、パソコンの設備は充実しているかなど学習環境は重要です。例えば学校によってはパソコンが揃えられていなかったりすることもあり、学習環境は異なるので、後悔しないためにも充実している専門学校を選ぶようにするといいでしょう。

また、2つ目は合格実績についてもチェックをしましょう。公認会計士の国家試験は誰でも簡単に合格できる試験ではありませんが、できる限り合格実績が豊富にあるところを選んだ方が信頼できるので、例えばホームページなどに合格実績は記載されていることがあるので、一度選ぶ前にはチェックしておいた方がいいでしょう。

このように、ここでは専門学校の選び方について話しましたが、しっかりと選ぶことで自分に合う学校を選択することができるので、失敗したと思わないためにも事前にチェックしておくといいでしょう。

公認会計士のメリットとは

公認会計士になりたいと思っている人は多く、学生はもちろん社会人である方でも目指している方は多いと言われています。特に近年では社会人の方でも勉強をすることができる環境を作るために社会人講座などを利用することができる専門学校も存在しており、勉強しやすい環境になっています。そんな色々な方が目指している公認会計士ですが、具体的にはどのような魅力がある職業なのかについて紹介します。

まず、1つ目は男女平等だということです。世の中には様々な職種が存在しており、男性向きや女性向きなどの仕事もたくさんあります。しかし、公認会計士に関しては男性が有利、女性が有利などどちらかに向いているという仕事ではなく、どちらも平等に活躍することができる環境なので魅力的です。例えば女性なら残業時間を減らして育児と両立することも可能ですし、男性でも育児休暇を取得する方も増えています。男女平等で働きやすい環境なので人気があります。

また、2つ目は収入面でもメリットがあります。性別に関係なく一般的な新卒よりも給料が平均して高いことが多いので、魅力的ですし、比較的安定している職業なのでリストラなどの心配も少ないです。このように、魅力は様々なので多くの方が公認会計士を目指しています。

公認会計士の講座を受けて資格を取得しよう

将来的に公認会計士の資格を取得して公認会計士として働きたいと思っている方も多いのではないでしょうか。公認会計士になるためには資格を取得する必要がありますが、どのようなステップが必要になるのか知りたい方も多いと思うので紹介します。

まず初めのステップとして必要になるのが国家試験に合格をすることです。中には独学で資格を取得しようと思っている人もいますが、そもそも公認会計士の資格を取得できる人はわずかなので、できる限り効率よく資格を取得するためにも専門学校などで講座を受けた方がいいでしょう。国家試験は毎年1回しか行われませんが、それに合格することで公認会計士としての仕事を行うことが可能になります。

試験に合格したら終わりかというとそうではなく、次のステップとしては実務経験を積む必要があります。例えば監査法人や事業法人で2年以上の監査に関する実務経験を積むことによって、監査業務の実践的な知識や技能を習得することが可能になります。

また、実務経験以外にも実務補習も受ける必要があります。これは監査などに関する座学でほとんどの方が補習を受けています。公認会計士になるためには必要なことなので覚えておきましょう。その後終了考査を受け、これに合格をすると無事に公認会計士として働くことが可能になります。このような流れとなっておりますが、まずは国家試験に合格することが重要になるので、これから公認会計士として活躍したい方は国家試験に合格するためには何が必要かを考えるといいでしょう。